HOME   »  GTR  »  BNR32 GTR 作業

BNR32 GTR 作業

さて、降ろしたミッションの作業をします。

今回は、33GTRミッションの新品を使う為に、アテーサ部分を組替えるのですが

オイル漏れなどで可也汚れているので、アテーサー部分を洗浄してみました。

ブレーキクリーナーの活躍で綺麗になった?


P1000869.jpg


アテーサーを外して、オイルを切る為に暫く放置しましょうか

勿論手前を下にしてますよ


P1000873.jpg


このミッションは廃棄処分ですね


P1000874.jpg


ここからは、クラッチの交換です。

この作業は、体に良くないです!

作業中にどうしても磨耗したクラッチの粉を吸い込んでしまい

独特な匂いが鼻について暫くは、気持ち悪い!!!(マスクすれば・・・会社に無い!)

この匂いを理解できる人は、いますか?(吐き気もするぐらいです)


P1000876.jpg


クラッチディスクの磨耗した粉がご覧の通り凄い量で、クラッチも滑るはすです。

呼吸をしているので、鼻の中は粉で黒い! ティッシュが黒い・・・



P1000879.jpg


クラッチを組む前に、大仕事がありますそれは、ハイキャスの取り外しです。

オイルを抜いても取り外す時に、何処かに残っているのが出てきます。


P1000881.jpg

ハイキャスソレノイドを取っ払ってスッキリ!!


P1000880.jpg


パイプ類もすべて取り外して、パワーステ配管を交換します。

GTRの良く漏れる所なので、この際交換します。

部品待ちの間に、32GTRはPSとハイキャスポンプが1つになっているので

ハイキャス側が圧の掛からないように、改造しなくてはいけないのですが

ポンプを分解して、羽を抜きます。

P1000886.jpg

羽を抜きます。

P1000887.jpg

これで圧は掛かりません

P1000888.jpg

ハイキャスの出口にメクラがいるので作ります。

純正配管をカットして、1/8のネジを切ってメクラをします。


P1000884.jpg


タービンのリターンホースを交換するのですが、狭くてホースバンドが取りにくい


P1000889.jpg


硬化しているので、交換して正解

P1000892.jpg

フロントパイプのガスケットを剥がします。

この隙間から頑張って剥がすとご覧の通り綺麗になりました。

やりたくない仕事!!!

P1000893.jpg

33GTRの新品ミッションにアテーサーをドッキングします。

P1000894.jpg

シフトリンケージを固定して、パッキンが乾くまで放置!!!


P1000898.jpg


新しいニスモカッパーミックスツインを組み込みます。


P1000895.jpg


連続作業は、腰に好くないので止めます。

スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

twintop

Author:twintop
有)Twin Top  
(ツイントップ)車両製作など,
トータルチューニングの店です。

レデューサーは
ツイントップweb shopより
送料無料で購入できます。

V-UP16はWeb shopより
購入できます。

リンク
カテゴリ
最新記事
ランキングサイト
ランキングに参加しておりますので 下記バナーのクリックにご協力下さい
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
64位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
64位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード