HOME   »  作業車両  »  メンバー移植

メンバー移植

R34リアメンバーの移植先は?

(作業が終了して、本日納車出来ましたのでブログの更新をします。)

P1000294.jpg


当然、日産車ですが、R34よりは古い車種になります。

その車は、180SXです。

写真を見てみると簡単には移植ができないかも!


そもそも交換の目的は、将来サーキットに先輩と行きたいので、(連れられて行く!)

ドライビングテクニックを磨く事! (最近の若い人には珍しい!何とかしなくては)

その為には、まずは車を作る事、足回りから始めることになったのですが

ホイールの種類が多い事から、5穴を要望!! ハブキットで安く出来るのですが

リアのグリップを上げる為には、メンバーを加工をしたいのですが、これが大変な作業なので

居候しているR34から、LSD付きのリアメンバーを移植する事になったのです。


加工部分の説明です。

ショックは180SXテインドリフトダンパーを使う為に、リアのアップライトの交換が必須

ハイキヤスキャンセラーを使っても簡単には取り付けれないので、不要なモーター部分の

撤去から始めます。モーターを外し、駆動部分もアルミ部分をカットして・・・・


P1000283.jpg


このままでは、チョット?

外した部分は、ゴミ箱に


P1000284.jpg


蓋でも作りますか


P1000286.jpg

ここで活躍する 空研のエアーソー強力で役に立ちます。


作った蓋を溶接します。


P1000289.jpg


今度は、組み込むアップライトの準備です。


P1000275.jpg


これの錆びを落として、左右共使っていない部分も綺麗に?


P1000278.jpg


R34リアメンバーの分解をします!

180SXのサイドブレーキをR34のインナーブレーキに交換します。

これが、R34のサイドブレーキです。

ドリフトも練習すれば、グリップ走行に役に立ちます!

クルマのコントロールは、どちらも同じ!


分解していきます。


P1000267.jpg

写真下のスプリングが押さえているのが、サイドブレーキシューの調整部分です。


左右を分類して、保管します。


P1000271.jpg


このアルミのアップライトを鋳物の180SX用に組み替えます。


P1000272.jpg


180SXのアップライトにアンカーピンを取り付ける為に

穴の錆びを落として組み込み準備が完了!


P1000277.jpg


この先は、分解した逆で組み込んでいきます。
















スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

twintop

Author:twintop
有)Twin Top  
(ツイントップ)車両製作など,
トータルチューニングの店です。

レデューサーは
ツイントップweb shopより
送料無料で購入できます。

V-UP16はWeb shopより
購入できます。

リンク
カテゴリ
最新記事
ランキングサイト
ランキングに参加しておりますので 下記バナーのクリックにご協力下さい
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
53位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
53位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード