HOME   »  作業車両  »  GTRのスタットボルトが折れた訳は!

GTRのスタットボルトが折れた訳は!

今回の作業の原因は、HKSタコ足のせいでかなり大変でした!

HKSがGTR用タコ足を販売したころに、取り付けたGTRの大半がこの状態に至り
その後タコ足のフランジ部分の面修正などを行い、サイド取り付けてみた車両もまたしても
スタットが千切れる症状が出る有様、その後はノーマルマニホールドを加工して取り付け
数年経つものの異常は無く、やはり純正が一番耐久性が有る事が実証されました。

純正マニホールドの加工は、今回もタービンの取り付け部分の拡大


DSC1655.jpg


ホワイトマーカーまで拡大します。
タービンキットに交換してある為の加工です。


2個とも加工完了です。


DSC1680.jpg


問題のHKSタコ足です。


DSC1772.jpg


フロント側のタコ足です。
クラックが入っていますね!


DSCF1776.jpg



リア側にもクラックが入っていますね!


DSCF1775.jpg


クラックも問題ですが、もっと重大なのがこれです。


DSCF1779.jpg


3気筒の長さで、約3mmの反りがあり、これが原因でスタットが千切れてしうのでしょう
前回 フランジの面出をしていてもこの状態です。(商品が悪いのでしょうか?)
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

twintop

Author:twintop
有)Twin Top  
(ツイントップ)車両製作など,
トータルチューニングの店です。

レデューサーは
ツイントップweb shopより
送料無料で購入できます。

V-UP16はWeb shopより
購入できます。

リンク
カテゴリ
最新記事
ランキングサイト
ランキングに参加しておりますので 下記バナーのクリックにご協力下さい
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
504位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
51位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
504位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
51位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード