HOME   »  CB400 SF VTEC3  »  CB400SF VTEC3にV-UP16取り付け

CB400SF VTEC3にV-UP16取り付け

CB400に、V-UP16を取り付けてみました。

取り付け方法は、前回紹介したCB1300と同じ位置に

イグニッションコイルからの配線が、カプラーで繋がれています。

今回は、イグニッション側で、V-UP16を結線します。

タンクを外して作業していますが、配線が確認できれば、

タンクを外さずに作業できそうです!!


DSC0785.jpg


CB系の配線カプラーが同じであれば、カプラーを外しそこに

繋ぎ込めるV-UP16 CB専用タイプを作ろうかと思っています。

カプラーは主任に任せるつもりです!!

V-UP16の取り付け位置は、写真で確認出来ると思いますが

左側のフレーム部分にタイラップと両面テープを使い固定します。

アースはバッテリのマイナス側に取り付けして下さい!


DSC0789.jpg


配線取り出しと、V-UP16取り付け位置の確認が出来ると思います。


DSC0790.jpg


V-UP16取り付けの感想をお伝えします。実際に私がこの車両に

乗ってテストしてきました! 実はナンバーが付いていないのですが

走ってきましたよ (ナンバーが無い車両を運転しては当然 違反です!

そこを気にせず店長なら走ったと思う人は、多い?

走る訳、無いでしょう! 何といっても ゴールド免許です

今月から書き換え出来るのに、無理はしません安全運転?

免許の書き換えに、明日行って来ます。これで5年間ゴールド免許で保険も安いし!!

話を戻して、CB400に仮ナンバーを付けて思いっきり走ってみました?

11000rpm簡単に回ってしまいますね! 実は400CCのバイクに

乗るのは初めてなんです。 今までは、250ccと750ccだけで、何だか新鮮でした。

バイクにV-UP16を取り付けていましたが、お客様のバイクを乗る訳にはいかず

どれだけ変っているのかは、感想を聞いていただけですが、これほど変るとは思っていませんでした。

スタートからV-UP16の効果で、エンジンがスムーズに回ること、楽しい!

早く車検を取って、復活しなければ!! 金曜日に車検に行って来ます!

当然 XLV750R と CB400 の2台ですよ  何故 2台か??????


バイクに取り付け時の費用  V-UP16 本体 25,200円

              取り付け費      6,300円


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

twintop

Author:twintop
有)Twin Top  
(ツイントップ)車両製作など,
トータルチューニングの店です。

レデューサーは
ツイントップweb shopより
送料無料で購入できます。

V-UP16はWeb shopより
購入できます。

リンク
カテゴリ
最新記事
ランキングサイト
ランキングに参加しておりますので 下記バナーのクリックにご協力下さい
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
47位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
47位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード