HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  バイク XLV750R  »  キャブレター 点検

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャブレター 点検

ひとまずエンジンを掛ける事に、タンクを外してエンジンを掛ける為に

ブレーキクリーナーの缶に真鍮のパイプを半田付けして、簡易ガソリンタンクの出来上がり

バッテリーはブスターケーブルで繋いでエンジンスタートします



DSC0053.jpg



エンジンは掛かったものの、空ぶかしで高回転ではエアークリーナーが

取り付けてない為、ミスファイヤーとアフターバーンの洗礼を受けるが

アイドリングはかなり安定しているので、スロージェットは詰まってない?

このままでも大丈夫と思ったが、完璧にしたいのでキャブを外して点検開始!



DSC0054.jpg




メインジェトは異常なし、スロージェットはアイドリングが出ていたので大丈夫と

思っていたが、覗いて見ると、何と少し詰まっていた アイドリングは

出ていたのは完全に詰まっていなかったから、点検したよかった!!

各部をエアーでチェックして見ると、スタータージェットが

左右でエアーの出が違うので、これも極細針金で掃除しました

ダイアフラムは過去に交換していたのでこのまま使います

フロート室のパキンも代用品で交換してあったのでOK

(今なら、パキンはホンダ部品に在庫がありました案外共通部品かも)




DSC0055.jpg



フロートも損傷無く再使用します

フロートバルブも段付は有りませんので再使用

バルブシートとストレーナーも詰まりや異常は無かったです




DSC0056.jpg




困った事が 過去に交換するつもりで

購入しておいた 純正のスポンジ製エアクリーナーが

真空パック状態から  取り出して見ると




DSC0068.jpg



新品なのに取り出す時に半分に千切れた?

長い間使っているとエアークリーナーのスポンジがボロボロになりますよね

あの状態が新品で、それも開封していないのに ボロボロ

これが買ってすぐなら、クレームでも通るがかなり時間も過ぎて

諦めるしかないか!!

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

twintop

Author:twintop
有)Twin Top  
(ツイントップ)車両製作など,
トータルチューニングの店です。

レデューサーは
ツイントップweb shopより
送料無料で購入できます。

V-UP16はWeb shopより
購入できます。

リンク
カテゴリ
最新記事
ランキングサイト
ランキングに参加しておりますので 下記バナーのクリックにご協力下さい
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
48位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
48位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。