HOME   »  未分類  »  BMW SR20DET 誕生秘話

BMW SR20DET 誕生秘話

DSCF2822.jpg



BMW SR20DET をなぜ作ったか?

いつもお世話になっている、取引先のNさんが
名古屋のBMW専門店でSR20エンジンを積む
とても、大変で技術無いと出来ないとの話を聞き
なんだか面白そうなので、それなら、ツイントップでも作ってみようと
軽いのりで作ってしまったのが、本音

物理的に積むのは、私、店長の仕事、まずは車探し、オークションでゲット
エンジン、ミッションを下ろし、ダミーエンジンを載せて位置だし
左右、前後、上下、文章にすればこれだけ、簡単には決まらない、大変だ、ヤバイー

エアコン コンプレッサー、パワーステアリングポンプ 、キビシー
タービン付ければボディーに当り、迷わずボディー加工

オイルパンの位置も前後逆、純正オイルパンを切って、アルミ板で
大容量オイルパンを作る、7Lは入る立派やつ
もちろん、オイルストレーナーも加工、カッコイイ

ミッションの位置は、シフトベストポジションも決まり バッチリ 
エクステンション、フロントパイプ、マフラ、触媒、リアマフラも全部作って

次は、大事なプロペラシャフト、これが無いと動かない SRとBMWの合体品(書けばこれだけ)
実は、すごく、すごく大変でした、サイズが違うし精度は要るし

さらに燃料パイプ、BMWは左、SRは右ゴムホースでは心配なので
パイプで配管しました

エアコン、パワーステ配管も、BMWは左、SRは右、長いホースを
杉田ラジエターさんで作っていただいてOK

クラッチペダルが無い、AT車だから当たり前か
ここからが外車の部品注文の大変なことで1週間から2週間は当たり前
国産車では考えられない時間掛かる

やっとクラッチペダル到着、なんと樹脂製 ビックリ!
クラッチ配管が届く、見てビックリ、部品リストでは
右側に出るような短い感じ、届いた部品はすごく長い、左側まで届く
BMWのミッション車は、左に出るのが正解、加工、加工がつずく
やばい、やっと物理的には、完成かな

つぎはエンジンがかかるまでです、
ここからは、主任の仕事内容です、お楽しみに!

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

twintop

Author:twintop
有)Twin Top  
(ツイントップ)車両製作など,
トータルチューニングの店です。

レデューサーは
ツイントップweb shopより
送料無料で購入できます。

V-UP16はWeb shopより
購入できます。

リンク
カテゴリ
最新記事
ランキングサイト
ランキングに参加しておりますので 下記バナーのクリックにご協力下さい
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
53位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
53位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード