HOME   »  GTR
Category | GTR

BNR32 GTR シートレール加工

前回ブリッドのシートレールを使って、ケイニッヒのバケットシートを
取り付けたのですが、以前付けていた物より座面が高いとの事で
シートレールの加工をする事にしました。

ボディーに取り付け部分をカットして、再度溶接し直します。
この作業は溶接部分を削って、切断しての大変な作業になります。

カットして行きます。

P1030503.jpg

P1030504.jpg


ここで溶接すると、25mm下げることが出来ます。

P1030505.jpg


ここを基準に、残り3箇所を現物合わせで加工していきます。

リアの外側の加工です。

P1030507.jpg

ステを外して、残った溶接部分を削ります。

P1030508.jpg

残り3箇所をカットしたレールで、現物合わせで行きますよ!!

P1030509.jpg

リア内側の外したブラケットをボディーに取り付けて位置出しをします。

P1030511.jpg

完成したレールに塗装をしました。

下げる為には、当然ボディー側も加工しました。
これをしないと、25mm下げる事は出来ません!!

P1030522.jpg

この作業の結果オーナーには満足して頂けました!!!
(でも二度としたくない作業ですね!常連さんの我がままですよ)
スポンサーサイト

BNR32 GTR平成元年修理

エンジン不調の原因は、エアフローメーター!!
純正に交換します。

P1020868.jpg

純正を組み付けます。

P1020867.jpg


車両に戻して、完成ですが、
余りの汚さにクリーニングしようと
思ったのですが、エアクリーナーの破損を発見!!
今回の出費で、クリーナーの交換は無理宗なので
中古品で、交換できる時期まで貸出しする事にします。

P1020869.jpg

最近GTRの初年度から3年式が輸出で税金が掛からなくなったらしく
海外での人気が上がって、GTRの価格が可也上がり、悪い事に盗難の被害も出ています。
車両保険の見直しをして、金額を上げることをお勧めします!
盗難に会うと、車両保険のが安い場合は、もう一度GTRのオーナーになれないですよ!!

BCNR33 タイロッドエンド交換

走行中に異音で入庫した、GTRに確認の為に同乗してみました。
特定は出来たので、リフトで揚げて原因を探してみると、解りました!!
タイロッドエンドのガタが原因で部品を注文して後日修理する事にして
修理当日になり、作業を始めます。

タイロッドエンドプーラーを使って外します。

P1020540.jpg

ボルトを変形させないように、ナットを付けて締め付けます。

P1020541.jpg

この後は、ハンマーで叩いて外します。

P1020542.jpg

新品は右上綺麗でしょ!
外した方はシャフトを持って簡単に動いてしまいます。

P1020544.jpg

組み付けて完成です。

P1020546.jpg

オイル交換もしました。

P1020551.jpg

トーインを調整して、試運転をして完成!!
GTRは良い車です!この車の前オーナーなので気持ちが入ります。

インタークーラーはARCでしょ!!

BNR32 GTRのインタークーラー交換です。
バンパーを外して、純正インタークーラーを外します。

P1020286.jpg

外した純正インタークーラーです。
シルバー塗装で社外品のかと思いませんか?

P1020281.jpg

ARCインタークーラーは、性能と作りが良いので気に入っています。
ツイントップでのGTRインタークーラー交換は、100%ARCかな!

ARCインタークーラーが軽量か量ってみました。

純正インタークーラーは、8㎏

P1020282.jpg

ARCインタークーラーは、6㎏です。

P1020285.jpg

オーバーハングの2㎏は、可也のチューニングではないでしょうか!

最近のARCインタークーラーは、GTR32、33、34共通仕様になっています。

P1020287.jpg

取り付けは、インタークーラーにキズが付かない様に、
ダンボールで保護して、ホースメントの隙間に入れます。
(ここで、インタークーラーにキズが付きやすい!)

P1020288.jpg

インタークーラーが共通でここに、スペーサーを入れて対応してますね。

P1020290.jpg

迫力のインタークーラーですよ!!

P1020291.jpg

バンパーを取り付けて、完成です。

P1020293.jpg

この後は、主任がETSコントローラーを取り付けています。
そろそろ旧車になりつつあるGTR、良いコンディションに
保っているオーナーに感謝、感謝!!!!
末永く可愛がって下さいね!
ツイントップは応援しています。

BNR32 GTR ショック交換

これはなに?

フロントのディフェーザーからアルミのパイプが・・・・


P1010043.jpg



実は、ラジエターのクーラントを交換する為のアイテム?

ラジエターのドレンが外せるようにディフェーザー穴をあけているのですが

そのままドレンを外せば、当然クーラントがディフェーザーの中に・・・・・

考えるだけでも怖い事になるでしょ!!!


P1010044.jpg


パイプのお陰で、上手くクーラントが抜けました。


次は、EDFCの配線をします。


P1010051.jpg


P1010054.jpg


リアもトランク内で配線をします。


P1010049.jpg


本体の取り付けも終わり・・・写真無し

マニアルを見ながら基本セッティングを済ませてテスト走行をします。

その後は、オーナーに任せる事にしました。

オーナー使い方解ったのでしょうか???

プロフィール

twintop

Author:twintop
有)Twin Top  
(ツイントップ)車両製作など,
トータルチューニングの店です。

レデューサーは
ツイントップweb shopより
送料無料で購入できます。

V-UP16はWeb shopより
購入できます。

リンク
カテゴリ
最新記事
ランキングサイト
ランキングに参加しておりますので 下記バナーのクリックにご協力下さい
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
449位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
46位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
449位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
46位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード