FC2ブログ
HOME   »  GTR
Category | GTR

インタークーラーはARCでしょ!!

BNR32 GTRのインタークーラー交換です。
バンパーを外して、純正インタークーラーを外します。

P1020286.jpg

外した純正インタークーラーです。
シルバー塗装で社外品のかと思いませんか?

P1020281.jpg

ARCインタークーラーは、性能と作りが良いので気に入っています。
ツイントップでのGTRインタークーラー交換は、100%ARCかな!

ARCインタークーラーが軽量か量ってみました。

純正インタークーラーは、8㎏

P1020282.jpg

ARCインタークーラーは、6㎏です。

P1020285.jpg

オーバーハングの2㎏は、可也のチューニングではないでしょうか!

最近のARCインタークーラーは、GTR32、33、34共通仕様になっています。

P1020287.jpg

取り付けは、インタークーラーにキズが付かない様に、
ダンボールで保護して、ホースメントの隙間に入れます。
(ここで、インタークーラーにキズが付きやすい!)

P1020288.jpg

インタークーラーが共通でここに、スペーサーを入れて対応してますね。

P1020290.jpg

迫力のインタークーラーですよ!!

P1020291.jpg

バンパーを取り付けて、完成です。

P1020293.jpg

この後は、主任がETSコントローラーを取り付けています。
そろそろ旧車になりつつあるGTR、良いコンディションに
保っているオーナーに感謝、感謝!!!!
末永く可愛がって下さいね!
ツイントップは応援しています。

BNR32 GTR ショック交換

これはなに?

フロントのディフェーザーからアルミのパイプが・・・・


P1010043.jpg



実は、ラジエターのクーラントを交換する為のアイテム?

ラジエターのドレンが外せるようにディフェーザー穴をあけているのですが

そのままドレンを外せば、当然クーラントがディフェーザーの中に・・・・・

考えるだけでも怖い事になるでしょ!!!


P1010044.jpg


パイプのお陰で、上手くクーラントが抜けました。


次は、EDFCの配線をします。


P1010051.jpg


P1010054.jpg


リアもトランク内で配線をします。


P1010049.jpg


本体の取り付けも終わり・・・写真無し

マニアルを見ながら基本セッティングを済ませてテスト走行をします。

その後は、オーナーに任せる事にしました。

オーナー使い方解ったのでしょうか???

BNR32 GTR ショック交換

長年使い倒した、コニーショックをO/Hするか迷った結果、違った

ショックを付ける事になり、選んだショックはTEIN MONO SPORTです。

今回も86と同じ、EDFC ACTIVE OROを付けます。

ショックの寸法確認とステッピングモーターの取り付けをしてから

現行のショックを外すことにします。


P1010027.jpg

ステッピングモーター

P1010028.jpg

フロントは問題なく取り付けが出来そうです。

P1010030.jpg

問題は、リアショック写真で、ディフェーザーが付いているので・・・・・

P1010029.jpg

問題なくフロントは取り付けが出来ました。

P1010038.jpg


P1010042.jpg

リアのコニーのショックを外すのが至難の業!

P1010032.jpg

何とか知恵の輪状態で、コニーを外して、テインをつける努力はしたのですが、断念!!!

自由長が違っているので、付く訳無いか?


これを外すのですが・・・・


P1010033.jpg

誰が付けたのでしょうか? 私です・・・・

何度も取り外しする予定は、最初から無かったのですが、

何度も取り外しがありますね!!

P1010034.jpg

スッキリ!!!


P1010035.jpg

先ほどの苦労は何だったのでしょうか?

こんなことなら、最初から外せば・・・・・・・・・・・・

無駄な時間と腰に疲労が溜まって来ています!!!

ご覧の通り、テイン付きました。

P1010036.jpg


P1010037.jpg

結果、ディフェーザーはショックに当たるので、その部分をカットします。

P1010045.jpg

P1010046.jpg

ここまでが限界これ以上作業をすると、ヤバイ、足と腰に違和感が来ているので止めます。

BNR32 GTR 作業

GTR作業の続きです。 シフト部分を組むために新しいピンとシフトカバーの

パッキンを交換します。シフトブーツも当然交換しました。

P1000899.jpg

P1000907.jpg

クラッチマスターの交換です。


P1000909.jpg

ミッションのガスケットが乾くまでに時間が掛かるので、インタークラーパイピングの

シリコンホースをすべて交換します。

この状態では、交換は必須ですね!!

P1000911.jpg

ホースもメタボで何時破裂するのか時間の問題?

P1000912.jpg

P1000913.jpg


P1000914.jpg


パイピングをすべて外して、洗浄します。


P1000919.jpg


洗浄が終了しパーツクリーナーを使い乾燥させます。


P1000924.jpg

ここまで来たらこれも洗浄しないとね!


P1000926.jpg

インタークラーからオイルが出てきたるでしょ!


このデカイインタークラーの内部を洗い仕上げは、パーツクリーナー!!!

内部も綺麗になりましたよ(表面の塗装を剥がさないように作業してますよ。)


P1000929.jpg

ホースバンドも洗浄して、ねじ部分の金具が開いているので、

すべてプライヤーで新品の状態に締めます。(16個)


P1000935.jpg

クラッチレリーズの取り付けブラケットがプッシュとプルで違うので交換します。

ホースも勿論違っているので交換です。


P1000937.jpg


ミッションを載せて、クラッチレリーズを取り付けました。


P1000938.jpg

P1000941.jpg

インタークラーパイピングを組む前に、お掃除をします。

P1000943.jpg

もっと綺麗に!! 

これで精一杯?


問題発生!持込のM‘sのエアークリーナーの取り付けステが同じものが2本???

加工して取り付けしないと・・・・・現物あわせで万力と車の間を何回も往復して

取り付け出来たのですが、時間の掛かりすぎ!!

中古は嫌ですね! 

掃除もしないと・・・・


P1000946.jpg


パイピングとクリーナーの取り付けが出来ました。


P1000948.jpg

P1000949.jpg


ラジエターを付ける前に、ファンの交換をします。


P1000952.jpg


ラジエターを取り付けてオイルやクーラントを入れると完成かな


P1000953.jpg


アテーサーのエアー抜きをします。

作業をし易くする為にコネクター部分に配線を作ってみました。


P1000970.jpg


P1000971.jpg


この配線でポンプのON OFFをしながらアテーサーのエアー抜きをします。

これがあると一人で作業が出来る優れもの・・・・

終わった!!

長い作業から開放されます。 



BNR32 GTR 作業

さて、降ろしたミッションの作業をします。

今回は、33GTRミッションの新品を使う為に、アテーサ部分を組替えるのですが

オイル漏れなどで可也汚れているので、アテーサー部分を洗浄してみました。

ブレーキクリーナーの活躍で綺麗になった?


P1000869.jpg


アテーサーを外して、オイルを切る為に暫く放置しましょうか

勿論手前を下にしてますよ


P1000873.jpg


このミッションは廃棄処分ですね


P1000874.jpg


ここからは、クラッチの交換です。

この作業は、体に良くないです!

作業中にどうしても磨耗したクラッチの粉を吸い込んでしまい

独特な匂いが鼻について暫くは、気持ち悪い!!!(マスクすれば・・・会社に無い!)

この匂いを理解できる人は、いますか?(吐き気もするぐらいです)


P1000876.jpg


クラッチディスクの磨耗した粉がご覧の通り凄い量で、クラッチも滑るはすです。

呼吸をしているので、鼻の中は粉で黒い! ティッシュが黒い・・・



P1000879.jpg


クラッチを組む前に、大仕事がありますそれは、ハイキャスの取り外しです。

オイルを抜いても取り外す時に、何処かに残っているのが出てきます。


P1000881.jpg

ハイキャスソレノイドを取っ払ってスッキリ!!


P1000880.jpg


パイプ類もすべて取り外して、パワーステ配管を交換します。

GTRの良く漏れる所なので、この際交換します。

部品待ちの間に、32GTRはPSとハイキャスポンプが1つになっているので

ハイキャス側が圧の掛からないように、改造しなくてはいけないのですが

ポンプを分解して、羽を抜きます。

P1000886.jpg

羽を抜きます。

P1000887.jpg

これで圧は掛かりません

P1000888.jpg

ハイキャスの出口にメクラがいるので作ります。

純正配管をカットして、1/8のネジを切ってメクラをします。


P1000884.jpg


タービンのリターンホースを交換するのですが、狭くてホースバンドが取りにくい


P1000889.jpg


硬化しているので、交換して正解

P1000892.jpg

フロントパイプのガスケットを剥がします。

この隙間から頑張って剥がすとご覧の通り綺麗になりました。

やりたくない仕事!!!

P1000893.jpg

33GTRの新品ミッションにアテーサーをドッキングします。

P1000894.jpg

シフトリンケージを固定して、パッキンが乾くまで放置!!!


P1000898.jpg


新しいニスモカッパーミックスツインを組み込みます。


P1000895.jpg


連続作業は、腰に好くないので止めます。

プロフィール

twintop

Author:twintop
有)Twin Top  
(ツイントップ)車両製作など,
トータルチューニングの店です。

レデューサーは
ツイントップweb shopより
送料無料で購入できます。

V-UP16はWeb shopより
購入できます。

リンク
カテゴリ
最新記事
ランキングサイト
ランキングに参加しておりますので 下記バナーのクリックにご協力下さい
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
36位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
36位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード