FC2ブログ
HOME   »  ロードスター
Category | ロードスター

NA6CE ロードスター

前回の続きで、エンジンフロント回りは完成しました。

P1060204.jpg


クランクリアオイルシールとミッションフロントカバーに、ミションリアオイルシールの交換

P1060216.jpg

鋳物から、今時のアルミに変更されています。

P1060243.jpg

プロペラシャフトが入るリアオイルシール

P1060250.jpg

ここまで交換すれば、シフト先端部分のカラーとブーツも交換です。

P1060251.jpg

P1060247.jpg

ここを交換すると、シフトフィーリングも良くなるでしょう。

P1060252.jpg

デフサイドシールからのオイル漏れで交換です。

P1060215.jpg

P1060226.jpg

ドライブシャフトブーツも今まで交換していないのでこの機会に

交換しようと左側は抜けましたが、右が如何しても抜けません!!

最終兵器? 友達からお借りした、巨大プーラーを使います。

P1060239.jpg

持っていたプーラーでは、抜けません!!

流石、道具の違を痛感しました。

外したドライブシャフトは、主任がブーツ交換しました。

P1060263.jpg

今度は、ハブを回してみると、ハブベアリングから音が出ていたので交換です。

P1060253.jpg

ベアリングを交換しました。

P1060260.jpg

P1060265.jpg

オイルシールも当然交換です。

P1060267.jpg

クラッチは、使用していた物と同じ、トダレーシングの軽量フライホイールセットを使用します。

前回は、メタルディスクを使用していたので、フライホイールもカバーも磨耗し使えません。

ここまで来ると更に、スターターも何時壊れるか解らないので、リビルトに交換します。

P1060294.jpg

リア周りもすべて組み付け完成。

P1060288.jpg

試運転で、4連スロットルの心地好いサウンドが楽しく、このまま峠を走りたい!

そんな気持ちにさせる、ロードスターです。
スポンサーサイト



NA6CE ロードスター オイル漏れ

エンジンリア側のオイル漏れ修理です。

ミッションを降ろして、見てみると凄いことになっています。

P1060209.jpg

上からのオイル漏れは、クランカクセンサーのOリングと

タペットカバーのパッキンから、原因が解ったので、交換しました。

P1060216.jpg


スターターもリビルトに交換します。

デフのサイドシールの交換でデフを降ろします。

P1060213.jpg


次は、ミッション周りと、クラッチ交換です。

NA6CE ロードスターオイル漏れ修理

前回全塗装のロードスターの下回りからオイル漏れ!

フロントはエンジン周りに、リアはミッション周り更にデフから漏れてます。

フロントから分解です。

P1060153.jpg

P1060161.jpg

漏れ箇所は、カムとクランクフロントオイルシールです。

P1060189.jpg

P1060188.jpg

ここまで分解すれば、ウォータポンプ、とタイミングベルト、にベアリングも交換

P1060200.jpg

タイミングカバーとオイルまみれフロントカバー類の洗浄と

カバーのゴムに、クランカクセンサーOリングの交換など作業が多いです。

P1060190.jpg

オイルフィラーキャップのゴムも劣化で交換です。

P1060191.jpg

この後は、ミッションを降ろしてエンジンリア周りの作業です。

NA6CE ロードスター 全塗装

NA6CE ロードスター 全塗装。

マツダのNA6CE再生計画のお陰か、純正部品が殆ど調達出来たので

外装部品を殆ど交換した結果、新車?新車より綺麗と思えるほどの出来栄えです。

TP1040537.jpg


TP1040536.jpg


TP1040539.jpg


TP1040538.jpg


TP1040540.jpg


TP1040542.jpg


P1040541.jpg


平成2年式 ロードスターですが、ここまで綺麗に出来上がると、

オーナーは、末永く乗り続ける覚悟が出来たそうです。

出来の良い最新の車も快適で楽ですが、セカンドカーに少し個性的な車も素敵ですよ!!







4連スロットル ロードスターの排ガスチェック

ロードスターは、新しいオーナーにお渡し出来一安心!!

kaiP1030240.jpg


今回の車検で一番の心配は、排ガス検査でした。
事前に、ボディーショップ シンゾーさんで、お借りた機械で測ったデーターを紹介します。

計測は、C OとHCになります。
車両は、純正触媒付きで、ツイントップ コンピユーターになります。
空燃比           C O%        HC ppm
    11          7.51        420
    12          4.8         270
    13          2.9         230 
    14          1.05        200         
    14.5        0.6         185

このデーターは、参考として下さい!
車両は、平成10年以前なので、C O 4.5% HC 1200ppmでOKなので問題ないのですが
車検前に、テスター屋さんに行って来ました。

車検ラインは無事に通過して、以前に改造申請がしてあったので、
別メニューで車重、車高のチェックをして、終了でした。

もう一台、FD3Sのタービン交換のエアーポンプ無し、触媒無しを測ってみました。

結果は、当然ですがこの値です。
C O 3.5%  HC770ppmの値が出ました!
エアーポンプと触媒は偉大ですが、エアーポンプは、ただ薄めているだけでは・・・・・
プロフィール

twintop

Author:twintop
有)Twin Top  
(ツイントップ)車両製作など,
トータルチューニングの店です。

レデューサーは
ツイントップweb shopより
送料無料で購入できます。

V-UP16はWeb shopより
購入できます。

リンク
カテゴリ
最新記事
ランキングサイト
ランキングに参加しておりますので 下記バナーのクリックにご協力下さい
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
43位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
43位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード