HOME   »  V-UP16取り付けカプチーノEA11R
Category | V-UP16取り付けカプチーノEA11R

カプチーノに簡単取り付けV-UP16キットを発売します。

V-UP16を取り付ける為には、配線加工が必要でしたが

今回カプチーノEA11R専用取り付けキットを作ってみました。

このキットは、イグニッションコイルのカプラーを外して、キットの

カプラーを繋いで、後は、V-UP16の固定とアース線を

バッテリーのマイナスに繋ぐだけで、V-UP16を満喫できます。

V-UP16のキットの説明です。


DSCF2780.jpg


イグニッションコイルの位置は、写真の黄色いマルの部分です。

黄丸DSCF2699


カプラーを外して、そこにキット内配線のこの部分を繋ぎます。

DSCF2775.jpg

カプラーが防水カプラーの為に、差し込んだ時にカチと音がする所まで

確実に差し込んで下さい(中に防水の為ゴムが入っている為に力が少し要ります)


これで、配線は完成です。次はV-UP16本体を固定します。

位置は、左ストラットとフェンダーの位置に、ハーネスがフェンダー側に通っています。

その部分に、V-UP16を両面テープとタイラップで固定します。

DSCF2716.jpg

もう少しで、完成します。 V-UP16のアース線(黒)をバッテリーのアースに繋ぎます。


これですべての作業は、終了しました。

簡単でしょ!!


税込み価格  ¥28,350-

カプチーノに簡単取り付け出来ますよ!!
スポンサーサイト

カプチーノEA11R V-UP16取り付け 

前回、V-UP16のテストをお願いしていた、カプチーノ乗りさんから

V-UP16を購入して頂く事になりました。(お金が貯まったそうです)

当然ダイキャスト製のV-UP16を取り付けましたよ!

今回のカプチーノは、平成4年式でディスビ付きの車種になりますから

イグニッションコイルのコネクター部分から、V-UP16の配線を取り出します。


イグニッションコイルから、カプラーを外した写真です。


DSCF2704.jpg


カプラーの上部の黒に白配線をカットして、V-UP16を割り込ませる加工します。

コイル側に、V-UP16のオレンジ線(出力側)を繋ぐ為に、ギボシオスを付けます。

反対側の配線に、V-UP16の赤線(電源供給側)を繋ぐ為に、ギボシメスを付けます。


配線加工は、これで完成です。(簡単ですね!)

カプチーノで、ディスビ付き車、専用の取り付けキットも製作する予定ですので

イグニッションコイルのカプラーを抜いて、V-UP16のキットを繋ぐだけ!

これなら誰でも取り付け出来ると思います、注文時に連絡して下さい


V-UP16本体の取り付け位置は、ここでどうでしょうか?


DSCF2709.jpg


エンジンルームの左ストラットとフェンダーの間に、両面テープと

タイラップで固定してみました。


DSCF2716.jpg


取り付け位置は、ステなどを作って、アッパーマウントのネジに固定してもいいかも!


価格  V-UP16  ¥25,200-





プロフィール

twintop

Author:twintop
有)Twin Top  
(ツイントップ)車両製作など,
トータルチューニングの店です。

レデューサーは
ツイントップweb shopより
送料無料で購入できます。

V-UP16はWeb shopより
購入できます。

リンク
カテゴリ
最新記事
ランキングサイト
ランキングに参加しておりますので 下記バナーのクリックにご協力下さい
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
62位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
62位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード