HOME   »  作業車両
Category | 作業車両

BNR32 クラッチブースター破損

平成1年式 BNR32のクラッチブースター破損で、レッカー搬送されてきました。

リフトに入れて状態を見ると、何とパックリ・・・・・・

P1040545.jpg

部品の取り外しを始めます。

P1040547.jpg

最近内職が多いので、作業がキツイ事。

外して見ると、見事にパックリ!!!!

この部品は、日産に在庫が1個 ? 

速攻で、注文です。

P1040548.jpg

無事に届いた新品部品と並んで記念撮影?

新品なのに、何かスッキリしてます?

部品番号のラベルが貼られていません?

でも純正部品に間違いは無いのですが、値段は高いのに節約ですかね。

P1040560.jpg

格闘の末、無事に所定の位置に収まりました。

P1040570.jpg

クラッチ調整をして試運転です!

クラッチは問題なく作動していますが

試運転で解ったこ事は、他に異常がある・・・・・・・・


スポンサーサイト

D-トラッカー125

D-トラッカーの保安部品を加工して取り付けます。

スピードメーターが厄介者で、配線が大変!!

P1040305.jpg

取り付け用のねじが長すぎるので、カットします。

P1040308.jpg

3本の内使用するのは、2本残りも邪魔なのでカットします。

P1040309.jpg

ヘッドライトのコネクターを作ります。

P1040304.jpg


P1040306.jpg

ヘッドライト外せるように、車両側のコネクターに合わせます。

P1040307.jpg

フロントブレーキレバーにマイクロスイッチを付けて

P1040301.jpg

リアブレーキのスイッチを付けて

P1040300.jpg

フロント回りの取り付けで、ウインカースイッチも新設して配線をします。

P1040303.jpg

大変な作業も無事完了しました。

P1040322.jpg

P1040319.jpg

メーターは転倒しても壊れ難い部分にステを作って付けてみました。

P1040316.jpg

P1040324.jpg

P1040326.jpg

本日、ナンバーを取り付けて、自賠責保険を掛けて、オーナーが乗って帰っていきました!!

ウイリー上手くできるようになって下さい。

カワサキ D-トラッカー

常連さんが買ってきた、カワサキ D-トラッカー125 の保安部金無しの改造車で

ウイリーの練習をしているのですが、その場所は誰でも入れる川原の駐車場!!

本人は、この状態で川原の駐車場で乗っても問題無いと思っていた・・・との事!!

警察に見つかれば、当然切符を頂くことに!!!!

そんな訳で一般道でも乗れるように、保安部品を付ける事にしました。

純正は面白くないので、(生産中止) 社外品で作ることになり、取り付け出来そうな部品を

ウエビックで探し取り付くか知らべる為に、配線図をカワサキからネットで探して作業前の準備です。

この作業は時間が掛かって、効率の悪い事!!

P1040327.jpg


P1040330.jpg

D-トラッカーの配線図と現車の配線を確認しながら、取り付ける部品の配線を調べて、

接続出来るように書き出していきます 面倒な作業ですよ!


P1040331.jpg


テールをつける所は、この状態なので綺麗に加工して取り付けます。


P1040284.jpg


テールとウインカーを付けました、カッコイイ!!

P1040298.jpg


配線図に沿って結線します。

P1040299.jpg

オーナーは車両に詳しくないので、こんなヤバイ部分もあります。

P1040293.jpg

ブレーキレバーとマスターシリンダーがこの状態ではシリンダーが片減りして

ブレーキが利かない状態になるので、当然見たからには直します。

P1040296.jpg

この状態は、ウイリーした時にリアブレーキが踏めないので、フロント左にハンドルの

クラッチレバーの下に、リア用のブレーキレバーを付けた為です。

まだ作業は残っています。




MR-S ヒーター不良?

3月にお渡しした時は、問題なく効いていた、MR-Sのヒーターが効かないのはなぜ?

kP1030607.jpg


まずは、室内から調べると、ミックスドアなどの動きも異常なし

そうなると、ボンネットを開けて、スペアタイヤ、内張りを外して

ヒーターコアに入る温水のチェック、温度は上がっているが、思ったより低い

そして戻りの温度が低い・・・・・・嫌な予感!

結論は、コアの詰まりと判断し、交換を考えて補修部品の

値段を調べると、価格が出ていない? それは廃盤!!

上手く詰まりが取れれば、問題なく使えそうなので、必殺・・・・水道からの水を

コアの出口から入れて、徐々に水圧を掛けて行きます。

P1040310.jpg

これなら、水量も十分出ているので問題なく詰まりは取れているはずです。

念のために、コアに入る方からも水を入れてみます。

P1040313.jpg

水量は十分で、問題ないようです。

元に組み上げてテストします。

エンジンを掛けて、水温が上がっていくと、暖かい風が出てきました。

一安心!! 

大事にならなくて、無事に修理完了です。

これで暖かいドライブが出来ますね!

寒冷地で使っていた車は、ここまで錆びる?

リアブレーキパッドが減ってローターと鉄板が当たっている車両が入って

ローターを外して見ると凄いことになっていました!

左側から

P1040203.jpg

近くから見ると

P1040206.jpg

右側を見ると

P1040210.jpg

P1040211.jpg

予算も無いし錆を落とし塗装します。

P1040213.jpg

P1040214.jpg

まだ嫌な予感が擦るので新品のローターを取り付けて確認すると

P1040215.jpg

P1040217.jpg

この状態でバックプレートとローターが擦り左右から音が出ていました・・・・

この状態は初めてで、寒冷地で使われた車は、購入はしない方がよさそうですね!!!

本来ならバックプレートを交換したい!!

バックプレートを加工するとサイドの当たりが変ると嫌なのでローターを加工しました・・・・・・
プロフィール

twintop

Author:twintop
有)Twin Top  
(ツイントップ)車両製作など,
トータルチューニングの店です。

レデューサーは
ツイントップweb shopより
送料無料で購入できます。

V-UP16はWeb shopより
購入できます。

リンク
カテゴリ
最新記事
ランキングサイト
ランキングに参加しておりますので 下記バナーのクリックにご協力下さい
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
445位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
55位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
445位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
55位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード