FC2ブログ
HOME   »  BMW SR20DET
Category | BMW SR20DET

本年もよろしくお願いします。

仕事始めにまずは、BMW SR20DETオイルパンの漏れ確認です。

何と漏れていませんでした!!!

流石にオイルパンを樹脂含浸加工しただけの事は有りました。


前回のオイルパンも加工に出せばよかったのですが?????
(この時には樹脂含浸を知りませんでした)


DSCF1925.jpg


エンジンを掛けて暫らく放置して再度確認します。

結果は漏れなし!!!

BMW SR20 オイルパンの漏れは?

ツイントップ営業日の案内です。

12月29日より1月2日まで休みます。

1月3日より営業致します。

来年もよろしくお願いします。


樹脂含浸加工をした、オイルパンの取り付けが終わりチェックしてみると
問題が発生です、メンバーに取り付けられたステアリングケース固定用
ステに干渉しそうで、仕方がなく解決策としてエンジンを10mm上げる
作業で遅れていたBMWが本日完成して、無事エンジンを掛ける事が出来
年明けに会社に来て、オイルが漏れていなければ作業終了になるか?


DSCF1924.jpg


オイルパン樹脂含浸処理が完了

先週オイルパンの樹脂含浸(ジュシガンシン)をお願いした白水産業さんに
オイルパンを取りに行ってきました。

住所は 愛知県小牧市大字村中字池之面1373番地
TEL 0568-72-3114 FAX 0568-73-1723
作業内容は 樹脂含浸 無機含浸 電着塗装:カチオン型
      表面処理:アルマイト:ノンクロム:三価クロム:六価クロム


白水産業さんは急がなければ、単品でも作業して頂けるので
処理をしたい方は直接問い合わせてみて下さい!!

さて処理後のオイルパンは、触ってみると薄い塗装がしてある感じです。

色も少し黄色くなっています。樹脂の色でしょうか?


DSCF1919.jpg


今回のオイルパンはオイル容量を4Lと決め製作しているので
前回作ったオイルパンより15mm深くなっていますので
この部分も延長してみました。

純正のオイルレベルゲージのFマークの位置で、
計算していないのにピッタリでした!


DSCF1920.jpg


ストレーナーの吸い口を下げています。 そのままではオイル容量が
確保出来ても吸い口が同じでは、何の意味を有りませんからね!!


オイルパンにシールをする前に仮付けをしみました。


DSCF1922.jpg


こちら側は


DSCF1923.jpg


右側は問題なし! 左側は問題あり? 加工したはずのA/Cブラケットに
オイルパンが当たっていますよ 

シールする前で良かったですね

もう一度削りなおして、確認して今度はO/Kです。

シールをタップリ塗って、塗りすぎ? これ位が丁度良いのです>


DSCF1924.jpg


メンバーとのクリアランスも完璧?


DSCF1926.jpg


オイルパンとメンバーの位置もこれなら問題なし!

クラッチマスターの加工も出来そうです。

シールが硬化するまで、時間が掛かります。



樹脂含浸とは

新しく作ったBMWSR20オイルパンからの水漏れ
これを克服する為に、テスト修理!テスト修理!の繰り返し
やっとの成果で漏れは無くなったけど心配が、前回作った
オイルパンもテストして漏れは無くなったはずが、エンジンを
掛けたり走行して止めて置くと下にオイルの輪を発見!!

いろいろ処置はするものの、止まる事は無くそのまま放置状態!!

今度は完璧を目指して製作したので、何とか漏れも無く出来たものの
前回のトラウマで困惑していると、良い所に前川さんが着て下さって


天の声が降りてきました。


何でも相談してみるものですね

すでに前川さんは、体験済みで漏れを止める処理を教えて頂きました。

それが樹脂含浸処理です。 

場所も小牧市で近いですね!!

火曜日の夕方追加作業をした、オイルパンを持って行ってきました。

(株)白水産業さんです。小牧の41号と155号の北東になります。


DSCF1865.jpg

今回は完璧? 

期待してBMWSRを完成させなくては!!!

実は、白水産業さんの場所は解りにくい所で迷っていました!!

会社の名前が建物の前面のみで一度は会社の横にいたものの
確認出来ずに、戻ってしまう場面も有り大変でした。
その事を伝えると返事は、(皆さんが言われる)との事???

BMW SR20DET オイルパン外し

BMWからオイルパンを外さないと駄目ですね!

エンジン降ろしたくないので、メンバーを下げて作業します。
そのままでは、エンジンも一緒に降りてしまいます。

当然エンジンを車体に残す為に、細工をしてメンバーを降す事に!!

前面から見ると、降ろす前はメンバーがこの位置に居ます。


DSCF1863.jpg

メンバーを下げた所です。


DSCF1886.jpg

あまり解らないみたいですね!違う角度から、降ろす前はメンバーがこの位置


DSCF1862.jpg


これならよく解りますかね!


DSCF1888.jpg

当然ステアリングギアシャフトも外してます。


DSCF1889.jpg

これからが本番! 

この隙間からオイルパン固定ボルトを外します。
メンバーが下がったお蔭で何とかボルトを外す事が出来ましたが
当然エンジンを降ろした方が簡単です。

でもエンジン降ろすよりは面倒でもこの方が時間は掛かりません!

オイルパンが外れました!!

DSCF1891.jpg

さてここからオイルパンが取り出せるでしょうか??

その通り取り出せません!! 

オイルストレーナーがオイルパンに当たって無理でした。

ミッションが無かったら簡単に外せてもこの状態では無理
仕方が無いので、オイルストレーナーを外せば外す事が可能です。

ストレーナーを外してオイルパンごと一緒に外します。


DSCF1894.jpg

作ったオイルパンを現車に合わせてもうひと加工します。
もう少し時間が掛かりそうですね!!
プロフィール

twintop

Author:twintop
有)Twin Top  
(ツイントップ)車両製作など,
トータルチューニングの店です。

レデューサーは
ツイントップweb shopより
送料無料で購入できます。

V-UP16はWeb shopより
購入できます。

リンク
カテゴリ
最新記事
ランキングサイト
ランキングに参加しておりますので 下記バナーのクリックにご協力下さい
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
36位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
36位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード