FC2ブログ
HOME

V-UP16とレデューサー取り付け車両の   紹介と日々の作業ブログです

久しぶりの金華山

6日の木曜日は、敦賀が強風で断念、伊勢志摩まで釣りに行きました。

丘ぱりからの釣で、遠くまで行っても釣果は無く撃沈でした!!!

何時もの慣れた、敦賀の釣が一番ですね!

13日の木曜日は、昼食後、午後3時から金華山に行って来ました。

流石のこの時間になると、何時もの賑わいも無く涼しくなり楽しめました。

車で金華山のドライブウエイを登って、数台駐車できる所に止めて

ここから一度下山して、ロープウエイの乗り場まで行き、そこから馬の背コースを登っていきます。

金華山のコースで、最短距離で登る為に、勾配もきつく面白いコースです。

山頂では、あまり人が来ないお気に入りの場所で、度々ヶ峰方面を撮影です。

PICT1823.jpg

金華山から見下ろす長良川は、この場所がお気に入りです。

PICT1824.jpg

お城が見える休憩場で一休みしてから

PICT1825.jpg

帰りは、平凡な七曲がりコースで駐車場まで降ります。

金華山の馬の背コースは、近場で最高ですよ。
スポンサーサイト

久しぶりのプチツーリング

木曜日に今期2回目のプチツーリング、定番の303号を走って道の駅藤橋に行き

そこから、徳山ダムや琵琶湖へのツーリングの選択もあるのですが、

今回はUターンして、今までに通っていない道で、揖斐高原方面へ行ってみました。

PICT20195301796.jpg


303号を戻ると、名倉トンネル手前を右に入り40号 西美濃もみじ街道を走ります。

PICT20195301797.jpg

途中の久瀬温泉(白龍の湯)がひっそりと建っています。

PICT20195301802.jpg

そこから進むと、T路地があり長者の里方面の木の案内板を左折します。

そのまま直進すると、長者平スキー場です。

32号を春日方面に向うのですが、ここは楽しいワイディングロードです!

くねくね曲がり、山を越え部落に入ると、通行止の看板があり右への案内しています。

案内通りに行くのですが、その先のに迂回路の看板が無い!!!

何とか32号に戻り位置的には、春日に入っているのですが

何と!2箇所目の通行止め、ここで警備の人が言うには15分前までは

交互通行でした、今は通行出来ません3時間後は交互通行です・・・・

待てないので、今来た道を303号まで戻ることに・・・・

でも楽しいくねくね道なので、楽しいから文句は言いませんよ!

戻った303号から417号に戻り、揖斐川堤防のトイレで休憩です。

PICT2019530T1810

ここから自宅まで一気に帰って、走行距離は、132.5Km+8Km(トリップの忘れ分)=140.5Kmです。

PICT20195301812.jpg

自宅に帰ってきて思ってことは、もう一度行きたい楽しい道でした!!

今度は、秋の紅葉シーズンに行けたら、もみじ街道のもみじが綺麗だと思います。








竜ヶ岳

先週の休みは、釣に行きましたが、釣果良くなかったので

今回は、毎年恒例の竜ヶ岳に登って来ました。

2019-5-17-11.jpg

今年は、シロヤシオの花が咲いていないので、登山の人も少ないです。

去年は、シロヤシオが満開で、今年は裏年らしく、咲いていないのが不思議!

何を基準に花を咲かせているのでしょうか?

2019-5-17-12.jpg
 
遠くに琵琶湖が見えていますが、写真では確認できませんね

2019-5-17-14.jpg

四日市が見えています。

2019-5-16-1.jpg

登り始めの石榑峠 駐車場は、満車ですが

2019-5-17-34.jpg

帰る時は、自分の1台のみです。

何事も無かったので、よかったですね。

滋賀県 赤坂山から大谷山

先週の水曜日の夜に出発して、木曜日に滋賀県マキノ高原(キャンプ場/スキー場)に行き

車中泊をして、赤坂山を目指します。駐車場の脇の川の両側に桜が

1000本あり、満開を過ぎていましたが、まだまだ奇麗でした。

2019418RIMG0004.jpg

マキノキャンプ場を通って、赤坂山登山口を目指します。

この日は、キャップは広大な場所で1組です。

2019418RIMG0007.jpg

登山口からは階段が多く下りは違う道を帰ろ予定?

PICT1730.jpg

、何時もの山は、杉の木が多いので、こんな景色もあり、初めての山は新鮮です。

2019418RIMG0037.jpg

もう少しです。

PICT1749.jpg

頂上まで3,8Km景色は!

2019418RIMG0054.jpg

琵琶湖にかかった雲海が神秘的です。

PICT1751.jpg

ランチを食べて帰る予定ですが、本日は何時もより早い出発で時間があります。

ここから縦走して大谷山に向かいます。

歩き続けると、大谷山が見えてきました。

PICT1774.jpg

ここから下って登って、大谷山、 山頂に到着です。

PICT1782.jpg

其のころには琵琶湖の雲海もかなり無くなりました。

もう少し天気が良ければ最高でしょう!

2019418RIMG0106.jpg

北側に日本海が見えて、船の引き波が確認できる山頂は魅力的で

琵琶湖川側には、有名なメタセコイヤ並木も見え、まだ葉が付いていない

楊枝が何本も立っているような景色ですが、秋にもう一度来たい場所です。

帰りは残雪が残る登山道で、下った先がスキー場の後地で

長い下り勾配を降り続ける苦痛を思い知らされました。

次は何処に登りましょうか?

初めての猿投山

木曜日に、猿投山に行ってきました。

三河方面は、ほとんど行ったことが無く、もっぱらナビの指示に従います。

駐車場は、雲興寺の駐車場に止めさせて頂き、長い階段を登って、お参りさせて頂きました。

お寺は山の中で、とても立派ですよ、戻って登山の準備をしてスタートです。

PICT1687.jpg

登山道は、登っては下り、登っては下りの連続です。

PICT1692.jpg

荒れた所や整備された所と変化あり!!

444RIMG0008.jpg

頂上に到着です。強風で寒い!!

444RIMG0017.jpg

遠くは霞んでイマイチですが、楽しめました。

PICT1697.jpg

帰りは、初 イケヤで買い物と夕食をして帰宅です。

プロフィール

twintop

Author:twintop
有)Twin Top  
(ツイントップ)車両製作など,
トータルチューニングの店です。

レデューサーは
ツイントップweb shopより
送料無料で購入できます。

V-UP16はWeb shopより
購入できます。

リンク
カテゴリ
最新記事
ランキングサイト
ランキングに参加しておりますので 下記バナーのクリックにご協力下さい
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
52位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
外車
52位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード